FC2ブログ

有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

親知らずを抜いた・1

苦渋の決断だった。いや穴の開いた親知らずなど抜く以外に選択肢はなかったのだが、それでも俺自身の問題として麻酔が効きづらいというのがあって尻込みしてしまったし、時間的に都合が合うのかどうかという懸念もあった。
しかし、このまま放置しておけないというのは事実だ。痛みは無くても、いつ痛み出すかわからない。歯を磨くのだって大変だし、腐った親知らずは自分にもわからないような悪臭を出すというし、手遅れになる前に処置すべきである。

とはいえ、穴の開いた親知らずは右上と左上にあって、左上のはまだ1/4ばかり欠けている程度だが、右上のはかれこれ10年近く放置しっぱなしで、3/4消失している。ここまで来ると痛みも何もないので日常生活に支障はないのだが、虫歯から菌が入って骨が溶けたり感染症になったりという事もあるらしく、俺は慢性的頭痛の原因がこれではないかと睨んでいるのだ。

そんな訳で、昨日は仕事が早く片付いたので、とうとう腹を決めた。事前にしっかりトイレは済ませておいたが、やはり怖いものは怖いので、歯医者の椅子に座ると小便が漏れそうな感覚があった。

目下の問題としては、左上の親知らずが頬の内側を引っ掻くので炎症が起きるというのがあって、どちらかと問われれば左上からと答えようとしていたのだが、こちらが何も言わずとも即決だった。それだけ右上の処置が難しいのかも知れない。
処置としては単純で、麻酔をかけて、歯を抜き取る。麻酔の効きが悪く、アルミ箔を噛むような酷い不快感がどうしても消えなかったが、多少は我慢をした。実際のところ、あれを「痛い」と表現していいものかどうかわからなかったのだ。それでもかなりの量の麻酔が必要だった。

抜けた歯はなかなかの大きさだった。20ミリほどはあるだろうか?さすがに奥歯である。
止血剤を入れ、周りの歯肉を寄せてホチキスのようなもので止め、糸で縫い付けた。その後しばらくガーゼを噛んでいたが、血が止まらないので再度止血剤をねじ込まれた。それで処置は終わりだが、ここまでで90分はかかったから、大変な仕事である。
俺もだいぶ緊張していたので、帰ってから首が痛くなった。そのせいで今日は15時まで頭痛でブッ倒れていた。

抜いた歯は貰ってきた。じっくり観察するためだ。だが気味の良い話ではないので、ここでは書かないでおく。

昨日のうちは血も止まらず、ずっと口の中が血の味だったが、今朝になると血は止まっていた。懸念していた痛みや腫れも今のところは出ておらず、このまま何事もなく塞がってくれればと思うが、まあそんな楽な話ではないのだろう。他人の親知らずを抜いた話を見ると、大体皆腫れと痛みに悩まされている。化膿してくるとなれば、これからだろうから…。

来週には糸を取るが、それからすぐに右側に手を付けるかどうかはわからない。時間が取れるかどうかわからないからだ。だが、こうなったからには早いところ全て終わらせてしまいたいものである。
スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2020/01/11(土) 21:36:48|
  2. 日記のような戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<両親を連れて能登へ | ホーム | 2020年1月3・4日 伊勢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3896-1ee442a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード