FC2ブログ

有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

漫才 フリー台本 【結婚式余興用 コンビ 新郎友人用 パターン1】  

司会進行役からの紹介を受けて壇上に上がる所から

ツッコミ(以下ツ)「ただいまご紹介に預かりました、新郎〇〇君の友人の、(自分の苗字)です。よろしくお願いします」
※背筋を伸ばし堂々として会場内を見回す。言葉はハキハキと、区切るところはきちんと切る。聴衆の聞きやすさ、わかりやすさを考慮して。

ボケ(以下ボ)「え、あー、その、(自分のフルネーム)?(首を傾げる)、です…」
※猫背。オドオドと、自信なく。下を向いてボソボソではなく、キョロキョロと上ずった感じで。聞きやすさを考慮して。

ツ「〇〇君、緊張しちゃってるの?自分の名前に疑問符つけないでね、皆さん混乱しちゃうからね。落ち着いてね」
※優しく。結婚式という場で乱暴なツッコミは望ましくないし、緩急があると聞き取りづらくなるので、丁寧に。

 ボ「(深呼吸して)はい、えー、その、新郎〇〇くん、新婦〇〇さん、初めまして(軽めにお辞儀)」
 ※たどたどしく。話しかける相手の方に体を向けながら。

 ツ「うん、初めましてではないね。僕ら友人枠だからね。(客に向かって)今は出席者のレンタルとかあるみたいですけど、僕ら一日いくらで雇われてる訳じゃないです。ちゃんと〇〇の友達ですから。ご安心ください!」
 ※レンタルの場合はこのくだりを省き、後述(付録)するボケに差し替える。

ボ「(ポケットからカンペを出し、凝視しながら)ええと、その、本日はおひ…え?おひえもよく…」
※顔の前まで近づけて、わざとらしく。カンペはA4紙でよい。適当に何か書き込んで、くしゃくしゃにしておく事。

ツ「お日柄だね。ガラ、をエ、って読んじゃったかな?ていうかさ、お日柄から入る漫才とかある?それちょっと見せて?(ボケのカンペを取る)」
※被せ気味に。客には「柄」がわからない可能性もあるので、説明は丁寧に。

ボ「あぁん…」
※弱々しく、取られたカンペを手で追う。やや大袈裟に、動きはゆっくりと。

ツ「(肩を引きながら)気持ち悪いなぁ。(カンペに目を落とし)えー何々…本日はお日柄もよく、皆々様におかれましてはご多忙の中…(2~3秒沈黙して、ボケを見る)これ、スピーチ原稿じゃない?
 漫才。俺ら漫才やるんだよ?これじゃ~ダメだよ~」
※カンペを読む時は、堅苦しい雰囲気で。ツッコミはボケを諭すように、怒ってはいないという風に。

ボ「(もじもじと)じゃあ、どうしようか…」
※縮こまり、肩など揺らす。ツッコミに体を向けながらも、動きで客を笑わせるのを意識する。

ツ「ほんっと気持ち悪いね君は。とりあえずこのカンペは無しで、ね。準備ができてないのなら、アドリブでやるしかないからね」
※そろそろ不満げに。カンペを畳んで自分のポケットに入れる。

ボ「アドリブぅ~?無理だよぉ~、できないよぉ~」
※子供が親に甘えるように。ねちっこく。先ほどよりも大きく肩を揺らしながら。

ツ「うん、俺なんでお前と友達やってるのか、わかんなくなってきたよ。けどね、とにかくもうやるしかないから。漫才やるって紹介されちゃってるからね。この際何でもいいから、なんかこう…(手を泳がせて)適当に喋っちゃって?それを俺が突っ込めば、知らない人にはなんとなーく漫才やってるみたいに見えるでしょ」
※少し身を屈め、内緒話の雰囲気で。若干声のトーンを落とし、やや早口に。

ボ「へ~、自信あるんだね、すごいね~」
※目いっぱいウザく。茶化すように。

ツ「自信なんかねえよ!(仰け反って)あーもう、いいから何かそれっぽい事喋りな?今のお前の感じなら、大体何喋ってもボッケボケでしょうよ!」
※ややキレ気味に。ただしうるさくならないように。

ボ「そ~お?じゃあ、やるけどぉ~」
※下から伺うように。セリフの後、2秒程度かけてゆっくりと背筋を伸ばし、自信たっぷりの顔。思い切り口角を上げて。


ボ「という訳でですね、この度漫才というものを、やらせて頂くんですけども!」
※声のトーンを上げ、元気にハキハキと。以後やや早口になるので、滑舌に注意。口をしっかり開けていくこと。

ツ「(目を見開いて)急に来たね!なんで最初からそれ、できなかったの?」
※驚きを顔で表現しつつ、引き気味に。

ボ「なにぶん我々素人なものでですね、面汚しになるかも知れませんが!」
※ツッコミに視線を向けないこと。ボケが勝手に喋って、その合間にツッコミが口を挟む感じで。「面汚し」の単語は強調する。

ツ「お目汚し、ね。誰の面目を失わせるつもりだ君は。俺か?(問いかけるように)」
※面汚しはお目汚しの間違いであると客に説明をして、その言葉を自分のところに持ってくる、という流れを意識すること。

ボ「どうか、末永ーく見守って頂けると、幸いでございます」
※「末永ーく」で客席を見回す。「ございます」は丁寧に着地する感じで。

ツ「それ新郎新婦の言う言葉だよね?俺はこのコンビ続けてくつもり、一切無いけども」
※「一切」を強調して、呆れてる感を表現する事。

ボ「(ひと呼吸おいて)さて、結婚式と言う事でね。みっつの袋、という定番の話がありますね」
※ここから本題に入るという雰囲気で。「みっつの袋」の時に、両手とも指を三本立てて見せる小ボケをやると良し。

ツ「ああ、定番のスピーチネタですね。(観客に向け、ヒソヒソ話風に)ベタな展開ですみませんね!」
※解説に回る展開。スタンスは客寄りを意識して。指の本数の小ボケは絶対に無視する事。

ボ「えー、古来、良い夫婦生活には、みっつの袋が大事であるといわれてます。ひとつ目は、お袋」
※数字を言う際は、指で示していく。「みっつの袋」と「お袋」は強調すること。

ツ「義理のお父さんお母さん、親戚関係も大事にしましょう」
※客に呼びかけるように。「大事に」は「だい↓ーじ↑に」という風に、大袈裟に。新郎新婦の家族構成など考慮してセリフを適宜変更する事。

ボ「ふたつ目は、堪忍袋」
※ここではボケないように。

ツ「お互いに、許し合う気持ちが大事ですね」
※リズムを守り、テンポよく。

ボ「みっつ目は、給料袋」
※ここまでと同じ感じで平然と。客にアレ?と思わせる事。

ツ「(2~3秒おいて)うん、ボケてないですね。なんで普通にみっつ言っちゃうの?スピーチじゃないって言ったよね?」
※間では逡巡する感じを出していくように。

ボ「すみません、間違えました」
※平然と、頭は下げずに。ツッコミもろともサラッと流す感じで。

ツ「カンペの内容と間違えちゃったの?見ながらだとろくに読めなかったのに、見なかったらスラスラ話せるんだね」
※多少意地悪な感じで、ふてくされて失敗を揶揄するように。やりすぎては駄目。

ボ「じゃ、もう一度いきます。ひとつ目は、スーパーのレジ袋」
※ツッコミを無視していく感じで。

ツ「あー、あれ忘れると地味にお金かかるんですよね。塵も積もれば家計に響きます」
※意外にいい事言った、という風に。

ボ「ふたつ目は、市町村指定の、ゴミ袋」
※「市町村指定のォ↑、ゴミ袋↓」という風に、抑揚をつけて。

ツ「指定されたものじゃないと、回収してもらえませんしね。分別も、きちんとしましょう」
※呼びかけるように。

ボ「みっつ目は、アダパミャマ・プラウマッチ袋です」
※「アダパミャマ・プラウマッチ」は絶対に噛まないよう、何度も練習しておく事。ここでしくじると台無しになる。

ツ「(3秒ほど固まって)はい?」
※大袈裟にならないように。素で聞き返す感じで。

ボ「アダパミャマ・プラウマッチ袋です」
※テンションを変えないように。さも当然の事を言っている、という風に。

ツ「何?」
※それが何かではなく、単に聞き返す感じで。

ボ「アダパミャマ・プラウマッチ袋」
※「ふくろ」ではなく「ぶくろ」の方が言いやすいかも知れません。言いやすい方で。

ツ「(溜息をついて)何ですか?それ」
※仕方なく受け入れるという風に。投げやりっぽく。

ボ「アダパミャマプラウマッチ袋、知りませんか?」
※中間で区切るのをやめ、アクセントも弱くして言い慣れているという風に。

ツ「そりゃ誰も知らないでしょう、どう考えても出任せじゃないですか」
※引き気味に、呆れているといった感じで。

ボ「出任せじゃないです。ちゃんとあります」
※平然と。「ちゃんと」は「ちゃーんと」にならない程度に、ゆっくりと。

ツ「うっそだぁ。じゃあそれ何に使うのか、説明してくださいよ」
※「うっそだぁ」は突き放す感じ、後半は早口気味で、食い掛るように。

ボ「アダパミャマプラウマッチ袋は、アダパミャマを加工するための袋です」
※ツッコミにまるで動じない感じで、いかにも堂々と。子供に説明をするように。

ツ「加工」
※話に引き込まれたという風に。

ボ「アダパミャマプラウマッチは、アダパの木から採れる実から作られた、伝統的な食べ物です。東南アジア、特にタイの南部で祝い事の席などで食べられています」
※固有名詞が多いので、丁寧に。

ツ「そうなの?へぇ~、初めて聞いた」
※感心するように。

ボ「アダパの実の殻は特殊なセラミド構造でとても硬いんですが、乾燥させると空隙ができ脆くなるので、叩き割った後石臼で挽いて粉にします。その粉をふるいにかけて殻を取り、熱湯を少量ずつ加えながら練ると、弾力のあるモチみたいになります」
※この下りはよく知っている感を出すためだけのもので、伝わる必要はないので、身振り手振りを交えながら丁寧かつ大胆に。

ツ「へー」
※感心しながらも、ついていけてない感じで。

ボ「これをアダパミャマ、と言うんですが、実はこのままではアクが強くて食べられません。なので、一週間ほど冷水に晒します。その時にアダパミャマが溶けて流れないよう、麻で編んだ目の細かい袋に詰めるんです」
※ここの説明は大事なので、ゆっくりめに。名詞をはっきりと。

ツ「なるほど、それがアダパミャマ…」
※アダパミャマは覚えたけど下半分は忘れたという感じで。

ボ「プラウマッチ袋です」
※念押し。

ツ「はいはい、プラウマッチ。アダパミャマ・プラウマッチ。袋。」
※言葉を反芻するように。これで客にも覚えてもらうつもりで。

ボ「つまり、アダパミャマをプラウマッチするための袋、という訳なんです」
※さらっと流すように。ここまで来たらみんな知ってるよね?という感じで。

ツ「はー、そんなのがあったんですか。よく知ってましたね」
※すっかり感心した様子で、頷きながら。

ボ「ありません」
※やや食い気味に、きっぱりと。

ツ「はい?」
※反応良く、早めのテンポで。

ボ「嘘です」
※これもきっぱりと、力強く。

ツ「はぁー!?」
※伸ばすのは3秒程度。怒りと困惑の中間くらいで。

ボ「というか、ボケです。要望通りボケたんですから、ちゃんとツッコんで下さいよ」
※文句を言う感じで、ウザく。どうしたんだお前、というニュアンスで。

ツ「いやちゃんとツッコんだよ!?お前が勝手にどんどん広げたんでしょ!?」
※怒りと焦りの中間。この辺はちょっと噛み気味になるくらいが面白い。

ボ「欲しいツッコミじゃなかったんですよ。大体、アダパ…、何だっけ。あれ、結婚式と何か関係あるんですか?」
※軽く反り返りつつ、上から目線でウザく、他人事みたいに言う。ムカつかせたら勝ち。「アダパ…」は思い出すようにゆっくりと。

ツ「アダパミャマ・プラウマッチだよ!アダパミャマプラウマッチ袋!忘れんな、お前が言い出したんだろ!」
※完全に覚えてしまった、慣れてしまったという感じで早口に。怒った感じでも、あまり言葉を強くしすぎないように。

ボ「ハハッ、ただのその場しのぎのボケでしょ?そんなもん覚えてどうすんですか。存在しないのに」
※前半は嘲笑う感じ、後半は笑いをこらえながら。

ツ「お前のせいで覚えちゃったんだよ!どうしてくれんだよ、アダパミャマプラウマッチ、アダパミャマプラウマッチ…」
※呪文のように繰り返し続ける。マイクから離れ、ステージ上をうろうろしながらしばらく続ける。病的に。

ボ「(呟き続けるツッコミを眺めながら)あーあ、つまんない嘘をついたせいで、大変な事になってしまいましたね。(客席を見回し)その場しのぎの嘘は、必ずどこかで破綻するものです。どんな事でもお互い正直に話し合う事が、長続きの秘訣でしょうかねぇ」
※第三者が語るみたいに、わかったような顔でゆっくりと。おもいっきり演技ぶって。

ツ「アダパミャマプラウマッチ、アダパミャマプラウマッチ…」
※ボケが話している間も呟きながらその後ろをふらふら歩きまわり、ボケが話し終えたら5秒ほど待って、静かに元の立ち位置へ戻り、二人とも正面をまっすぐ見る。

ボ「という所で、我々の漫才は終わりです」
※騒がしければ、場が静かになるまで待ってから。

ボ、ツ「(声をそろえて)ご静聴、ありがとうございました(深く礼)。(新郎新婦の方に体を向けて)〇〇くん、〇〇さん、みっつの袋に気を付けて、お幸せに!(手を振る)」
※きっちり声を揃えてやらなければ、締まらない。しっかり練習を。5秒程度手を振ったら、再度真正面を向く。

ボ「最後に、この漫才はネットで見つけたフリー素材をそのまんま使わせて頂きました!ありがとうございました!(客から背を向け、明後日の方向に礼)」
※最後のボケなので、思い切りよく。礼をしたらそのまま動かずに待機。

ツ「それ正直に言っちゃうの~!?」
※最後のツッコミなので、大袈裟に仰け反りつつ余韻を残してオチ。そのまま5秒ほど姿勢を維持し、タイミングを合わせて正面に向き直り、再度深く礼。無言のまま小走りでステージから降りる。


----
付録・レンタル人員の場合

ボ「(深呼吸して)はい、えー、その、新郎〇〇サン、新婦〇〇クン、このたびは本当におめでとう(軽めにお辞儀)」
※若干固い感じで。

ツ「サンとクンが逆だよ?君、新婦さんの上司だったの?俺ら友人枠だよね?なんか自信なくなってきちゃった」
※若干わかりにくい可能性があるので、サンとクンをはっきり区切る。自信なくなってきた、の下りは溜息交じりに。
なんか運転中に急に思いついたので書き出してみました。
これらの内容はフリーであり、改変など自由に使用していただいて構いません。ただし万一にも商業利用はお断りさせて頂きます。
一応、ラストのボケをそのまま使って頂く事がこのフリー台本を使うに当たっての条件となります。
スポンサーサイト



テーマ:ウェディング - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2019/07/14(日) 20:33:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<久しぶりに日記 | ホーム | 「あの日見た君の横顔を、絶対に忘れない」 #74 小寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3855-108dda2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード