有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

栗まんじゅう問題

そんな議題があると知ったのは比較的最近のことだ。
栗まんじゅうの一体何が問題なのか?否、そこに問題はない。問題になるのは、ある特殊な条件下…
すなわち、「ドラえもん」においてひみつ道具バイバインの効果により一定時間ごとに倍に増えるようになり、手に負えないので宇宙空間に投棄された、その栗まんじゅうについてなのである。
この一定時間ごとに倍に増える栗まんじゅうが、ともすると宇宙を覆いつくしてしまうのではないか?
否、栗まんじゅうの増殖はあるところで止まるはずだ。そういう空想論議というわけだ。

さて、まずは単純な話、たかだか数個の栗まんじゅうが広大無比の宇宙に放逐されたところで何するものか、という向きがあるかもしれないので、簡単に例を挙げる。
とりあえず、最初の栗まんじゅうを1個と仮定しよう。そして栗まんじゅうは5分毎に倍に増えるものとする。
5分後に栗まんじゅうは2個になる。10分後には4個。15分後には8個という寸法だ。
60分後にはなんと4096個になっている。数字だけを見て意外に増えたな、と思う人もいるかもしれない。
だが、更に5分後には8192個になっているのである。

こんな話を知っているだろうか?
「紙を43回折り曲げると、月に届く」
厚さ0.1ミリの紙を43回折り曲げると、月までの距離である38万kmを超えてしまう。
当然現実には不可能だが、計算上はそういうことになるのだ。

とまあ、そんな感じで栗まんじゅうは爆発的に増えていく。参考までに、24時間後の栗まんじゅうの数は、2の288乗。
関数電卓で計算してみると、訳のわからない数字が出てくる。ゼロが86個!?
このままでは確かに宇宙がヤバい。増大する栗まんじゅうに宇宙は埋め尽くされてしまうだろう。それこそ「時間の問題」というやつで、宇宙の半分が栗まんじゅうに埋め尽くされたら、その5分後には宇宙全体が栗まんじゅうで埋め尽くされるのである。

だが、ここに異論を唱える向きがある。すなわち、「栗まんじゅうはどこまでいけば栗まんじゅうなのか?」ということだ。
簡単に言えば、増え続ける栗まんじゅうのうち一つを取り、食べたとする。さて、腹の中で栗まんじゅうは増えるのか?

漠然と考えると、咀嚼された時点で栗まんじゅうは栗まんじゅうとしての体を保てない。だが食べかけの栗まんじゅうは食べかけのまま倍に増えるだろうか?
形が多少損なわれても、栗まんじゅうであることには変わりない。

そして、栗まんじゅうは栗まんじゅうであるうちは増殖を続けるだろうが、それらは放逐された宇宙空間において等しく変質していき、超低温と真空の中で、いずれは栗まんじゅうとは呼べない粉末になるのだろう。
そうなってしまえば、もはや栗まんじゅうの増殖は起こらない。それなりに長い時間を必要とするにはちがいないが、宇宙が助かる可能性は十分ある。

しかしながら、バイバインの性質については正直よくわからない。
該当する個所について未見であるし、目を通したところで回答が用意されているとも思えない。少なくとも、栗まんじゅうを食べたのび太は無事なのである。咀嚼された栗まんじゅうは増えない。

つまるところ、栗まんじゅうがその形態を保てなくなるのが先か、栗まんじゅうが乾燥しきる前に宇宙が埋め立てられるのが先か?
宇宙の体積がわからないので、計算のしようがない。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/03/30(金) 23:19:57|
  2. 日記のような戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<温泉! | ホーム | コンプレックスは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3503-b29ce1c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード