FC2ブログ

有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

ファンヒーター哀歌

今日はいい天気で気温も高く、さぞかし仕事も捗るだろう…と思いきや、屋根からの落雪や落水でどうにもこうにも。
一応予定通りには作業は進んだが、明日はまだ気が抜けそうにない。

昨日苦労させられた路面状況は今朝にはだいぶ改善されていて助かったが、十全とは言い難い。
通れる道は限られているので朝夕など混むし、うっかりすると目の前の道が除雪されていなかったりするので、ただ運転するだけでもひどく疲れてしまう。今週いっぱいはこんなものだろう。

去年の秋ごろに増築の現場があって、物置の解体ついでに不要物を処分してくれという。見ると結構色んなものがあり、その中にまだまだ使えそうなファンヒーターがあった。
灯油はしっかり入っているし、試しに電源を入れてみるとちゃんと動く。話によれば一度故障して修理したそうだが、結局要らなくなったとの事。
せっかくなので貰って帰ったのだが、その時点では使う予定も無かったし暖房器具自体は足りているので、誰か欲しい人がいれば持って行ってもらおうと思い作業場に置いていた。
去年の年末頃になってその存在を思い出し、誰も引き取り手がいないので自分で使おうと決心したのだが、その時は持って帰るタイミングがなくそのまま年を越した。

先日の大雪で作業場の除雪をしている際にこの事を思い出し、ちょうどいいタイミングだったので、ついに昨日ファンヒーターが俺の部屋に到着したのである。
電源を入れてみると、問題なく動作をはじめる。放置されていた灯油のせいか若干油臭いが、それ以外は全く問題ないようだ。

…否、問題発生。暑すぎる!

大きさを見た時からわかっていはいたのだが、このファンヒーターは俺の部屋に対して強力すぎるのだ。
俺の部屋はおおよそ7畳、対してファンヒーターは型番から調べてみたところ15畳用である。しかもちゃんとしたメーカー品で、吹き出し口にシャッターのついている高級機だ。どうやら7年前の製品らしいが、そんなことは問題にならない。
つまるところ15畳をきっちり暖める能力が備わっている訳で、今やそのパワーが如何なく発揮されているのである。
一旦部屋を出て、再度入室する。即座に感じるムワッとした熱気!エアコンやセラミックヒーターなどとは比較にならない!

冬場の暖かい自室がここまで不快に思えるのは久しぶりである。以前にそれを実感したのはもうかれこれ18年前、オイルヒーターをうっかりフルパワーで使ってしまった時だけだ。それだって暖まるのには時間がかかるので、気付いた時にはすっかり茹だってしまっていたものだ。
が、ファンヒーターならば暖まるのは一瞬である。何せ10分で部屋の温度が10度も上がる…。

一応エコモードというのもあって、これは燃料消費を40%抑えて運転することができ、それによって本来15畳用の製品でありながら12畳にも対応できるのだが、生憎それでも俺の部屋が広くなってくれる訳ではなく、やはりパワー過剰は変わらない。
いくぶんマイルドになった熱風を浴びつつ、ファンヒーターの設定温度18度と部屋の温度計に表示された22度のデジタル表示を交互に見やりつつ、「帯に短したすきに長し」と呟くしかないのである。

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2018/01/16(火) 18:54:17|
  2. 日記のような戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<所によりホワイトアウト | ホーム | 雪ヘイト4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3430-0ca79dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード