有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

けものフレンズは終了しました

既にあちこちで騒ぎになっているので今更説明するまでも無いが、アニメ「けものフレンズ」からたつき監督、そして制作を担当していたヤオヨロズが解任された。
監督といっても、実際は声以外の殆どの仕事をたつきが行っている。これにより既に製作が決定しているけもフレ2期は、空前の大ヒットを記録した1期とは全く異なる何かになるのが確定した訳だ。

この件についての情報は、たつき本人のツイートのみである。未だその方針を決定したKADOKAWAやその他関係者からの発表はなく、状況がよくわかっていない。
確実なのはヤオヨロズがアニメ制作並びにけものフレンズプロジェクトとの関わりを絶たれたということで、これについてはイベントの参加予定者からスタッフが外されている事からも推測できる。

けものフレンズというアニメをよく知らない人からすれば、ヒットした作品の監督が交代する程度の事はよくある話だと思うだろうが、ことけもフレに関して言えば、その認識は間違っている。
まず第一に、アニメ開始当時、けもフレは「終わった」コンテンツだった。既にアプリゲームは終了していたし、コミカライズ版も間もなく最終回を迎える。その状況下で放送された1話はまずその安っぽい見た目が酷評され、クソアニメ扱いされた。
しかし回を重ねるごとに、その内容の巧みさに多くの人々が惹き込まれていった。
「アニメは作画ではなく中身」「低予算でも脚本と演出が優れていれば評価される」「良い作品に宣伝は必要ない」これらを証明してみせたのが、たつきとヤオヨロズが500日の歳月を捧げて作り上げたアニメ「けものフレンズ」だったのである。

それだけに、アニメからのファンにとってたつきは特別な存在なのである。期待値0の状況から、常識外れの低予算を背負ったままで、既存のアニメを楽々追い越していった。その内容の素晴らしさに沢山の人々が癒され、救われもした。
けものフレンズの成功はたつきでなければ不可能だった。それは大多数のファンにとって共通認識であるとともに、多くの謎が残されたまま幕を閉じた1期の続きを誰もが切望していたのである。

そのたつきがアニメ制作から除外されたということは、ファンの待ち望んでいた2期が永遠に失われたという事である。
そして、それを決定したのがKADOKAWA。他ならぬけものフレンズプロジェクトの元締めなのである。
これが意味するものは何か?答えはシンプルだ。

我々の愛したけものフレンズは永久に失われた。仮に今回の騒動でたつきが監督に復帰したとしても、プロジェクトそのものとの遺恨と確執は残り、それによってファンは二分される事になるだろう。
恐らく大半のファンはアンチと化す。これまでの成功は全て失われ、今後どのような展開があったとしても、失ったファンは帰ってこない。その結果プロジェクトは商売として成立しなくなり、休止に追い込まれるだろう。

また、キャストの問題も深刻だ。ヤオヨロズはジャストプロという俳優・声優事務所のアニメ制作部門であるが、けものフレンズにも当然ジャストプロ所属の声優がメインキャストとして出演している。ヤオヨロズが関われなくなったということは、ジャストプロ所属の声優の立場が危うくなる訳だ。
声優という立場からはアニメ制作に関して意見を出す事はできないだろう。キャスト間にも既に軋轢が生じているはずで、このところけもフレ関連のイベントにキャストの1人が全く顔を出していなかったという点も、恐らくはこの影響ではないかと考えられる。

どのような思惑があったにせよ、けものフレンズプロジェクトは多くのファンを失った。残されたファンは既存のキャストやイベントにかつての隆盛の面影をみるだろうが、もはや過去の遺物なのである。

けものフレンズは終わったのだ。
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/09/26(火) 20:23:35|
  2. 日記のような戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<ぼやき | ホーム | ドラクエ11をやっている・3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3324-5ce602c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード