FC2ブログ

有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

平行世界と神の死

件の鼻水は昨日だけだった。やはり鼻風邪だったということか。

昨日どこぞのまとめサイトで目にしたが、13歳の天才少年がCERNの実験に対し「平行世界が滅ぶ」と発言したらしい。
うーむ。そもそも平行世界が死んでいく事をどう証明するというのか。

ただまあ、話としてはわからんでもない。要するにこいつは「可能性の話」なのだ。
この話を書くのは何度目になるかわからないが、昔「ヒッグス粒子が発見されないのは世界が滅びるのを防ぐ為」という論文が出た。
重力の根幹をなすヒッグス粒子が発見されてしまった場合、世界が滅びる。だから世界そのものが「ヒッグス粒子の発見されない平行世界」へと移動している、という内容である。
残念ながらヒッグス粒子は既に発見されてしまっている。とはいえ観測ができたというだけの事で、今のところはただそれだけだ。
それにより世界がどうこうなるという事は無いし、利用方法もくそもない。

CERNには世界中から数多の天才が集まって様々な実験を行っている。そこで何が起きているかは正直さっぱりわからんが、この世界の謎を究明しようとしているのは確かだろう。
要するに天才少年君は、自身の「神」が存在する余地を残しておいて欲しかった訳だ。未知の部分が暴かれて正体が明るみに出た時、そこに厳密な数式とそれによって導かれる現物があるとなれば、そこに神を想像する余地はなくなる。ここで「緻密かつ完璧に構成されているのだから神の御業にちがいない」と思考停止にならないだけ、彼は確かに天才なのだろう。
俺だって神が本当にいるかどうかなんかわからない。少なくとも現状において神の作用する状況が無かった事だけは確かだと思っているが、それでも未知かつ高次の存在が我々を監視していると考えるのは、各々の勝手である。

「神が我々を見守っているから、正しく生きなければならない」そういう道徳性なのだ。神を完全に否定してしまったら、合理性の元に生きている連中は人間であることをやめて獣になるのだろう。体面をたもつには、建前だって必要なのである。

天才少年の一見未熟にもみえる言葉は「これ以上世の中を暴いて何になる?」との問いかけとも思える。
スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/05/18(木) 20:18:43|
  2. 日記のような戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<久しぶりのニコニコ動画は | ホーム | 鼻風邪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3194-d74a44bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード