FC2ブログ

有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

2017年5月1~6日 九州行 まとめ

5月1日(月)

14:30 仕事を終えシャワーを浴びた後、即座に出発。

仕事が予定よりも早く片付いたため時間的にかなり余裕はできたが、念のため高浜までは高速を使う。
3220円で1時間半という時間を買った形。ETCは楽だが、やはり基本的には高速は使いたくない。退屈なんだもの。

16:40 京都、道の駅舞鶴でトイレ休憩。

18:00 兵庫県、養父の王将、こってりラーメンと餃子864円。厨房に二人しかいないので、王将の割には出てくるのが遅い。

18:40 道の駅但馬蔵ようかでトイレ休憩。

21:30 鳥取県、安来のスーパーでトイレと買い出し。カップ麺、ベビースターの6袋パック、バタークッキー計331円。
カップ麺とクッキーには最後まで手をつけなかった。よほど山中なり過疎地で一泊しない限り、買い置きの必要性は無い。

22:20 島根県、道の駅湯の川でストップ。若干肌寒さを感じたので、薄手の布団2枚を使った。

走行距離約420キロ。


5月2日(火)

やはり朝方は肌寒さを感じて5時頃自然と目が覚める。以後5時起きが基本に。

6:00 出発。この後しばらくやたらに信号に引っ掛かる。

6:40 道の駅ロード銀山でトイレ休憩。

8:20 浜田市のすき家で朝飯、牛丼大盛豚汁お新香セット610円。時間が遅くなった事もあり、この旅随一の豪勢な朝食になった。
ガッツリ食べたのでこの後なかなか腹が減らず、昼飯のタイミングがおかしくなってしまったのだ。

9:35 山口県、道の駅シルクウェイにちはらでトイレ休憩。

11:50 山陽小野田市エネオスで給油、39.33リットル4877円。

12:25 関門トンネル150円。

14:00 イオンモール直方フードコートで昼飯、ローストビーフ丼853円、ミスドドーナツ3個356円。水と炭酸175円。
バイパス横に貼り付いてるような立地で入るのも出るのも専用の側道があり、内部も大きく煩雑。
フードコートなのに大手チェーン店が多く入っており、街はずれにも拘わらず都会を感じさせる。

16:40 道の駅たちばなでトイレ休憩。初めて見るポップコーンの自販機があった。買わなかったが。

17:00 熊本県、山鹿市癒しの森ゆーかむ、風呂500円、マッサージチェア200円。
最近リニューアルした様子だが、露天風呂の屋根など年季を感じさせる。

18:30 国道沿いの店で土産に高い馬刺しと油揚げ、宅配料込4984円。
帰宅して届いていたのを家族で食べたが、高いだけあっておそろしくうまかった。霜降りなのに全く脂っこくないし、臭みも全く無し。

20:00 おべんとうのヒライで晩飯、鉄板ナポリタンチーズ590円、サラダ100円。
鉄板ナポリタンチーズ、チーズが溶けてない状態だったのでよく掻き混ぜてから頂く。鉄板が熱く、スパゲッティの焦げたのがまたうまい。日常的に食べたい味。
ヒライはコンビニに食堂が併設されているタイプの店。同様の店に福井にはオレンジBOXがある。

22:30 宮崎県、トライアル小林店でトイレ休憩。ここで車中泊も考えたが、近くに道の駅があったのでそちらに移動する。

22:50 道の駅ゆーぱるのじりでストップ。疲労が強く、日記だけつけてすぐ寝た。ここでは結局、一度も車から降りなかった…。

この日は丸一日走り通しで、恐らく過去最長620キロほど進んだ。というか通り道に道の駅がなかったため、ズルズルと先へ進んでしまった形。


5月3日(水)

5:20 出発。起きた時点で若干喉の痛みがあり、軽い風邪の予感。無理が祟ったか。

5:45 セブンイレブン都城高崎大牟田店で栄養ドリンクとおにぎり二個、597円。ドリンクが喉に染みる。

7:25 鹿児島県、道の駅錦江にしきの里でトイレ休憩。通り雨が降っていた。

8:30 佐多岬駐車場。ここより先は駐車場がないとの事で、シャトルバス往復料金200円。雨は止んでいたが、曇り。
佐多岬は昨年からリニューアル工事により展望台への立ち入りが禁止されている。行き止まりの御崎神社で参拝100円、お守り600円。交通安全推しらしい。
シャトルバスまで使っておきながら先端へ行けない事で徒労感が強いが、工事の完了する3年後くらいに来ればいい感じかもしれない。
というか、是非いつかまた訪れたいものだ。

9:30 ふれあいパーク佐多。広場とトイレと展望台があるが、わざわざ立ち寄る場所でもない。

10:00 涅槃城。道に落ち葉が積もるなどだいぶ怪しかったので廃墟かと思ったら、廃墟じゃなかった。でも廃墟みたいなもんだった。
まず見るものが何もない。展示といっても土くれに金のスプレーで着色しただけの無価値な仏像が通路に陳列されてるだけで、その通路も途中でいきなりぶった切られており、要するに何もない。
どうも施設の老朽化や維持費の絡みで展示スペースを大幅に省略したもののようだ。そもそも変な宗教が立ち上げたインチキ観光地である。
後で調べたらここだけで売っている変なドリンクがあったらしく、そこだけ見落としたのは残念か。でもまあ心底ネガティブな場所で、オススメできない。
はっきり言って、現状行くだけ時間の無駄である。そういうヤバい場所が好きな人ならどうぞって感じだが、楽しめる要素は一切無いと言っておく。

11:15 荒平天神。ちょっと寄っただけだが、雰囲気のいい綺麗な場所。個人的には浄土ヶ浜より開放的で好き。晴れてたら天国じゃないかな。

12:10 桜島の有村溶岩展望所。後で知ったが前日噴火があったそうで噴煙が上がっていた。
火山灰といっても実際砂のようなもので、それが遊歩道に積もっている。飛散弾から身を守るため道中そこかしこにコンクリートの退避壕があり、休憩所も頑丈なコンクリート造だ。
ベンチの下に火山灰を取り除くためと思われるスコップが置いてあった。景観としては類似の恐山より雄大と思う。あっちはあっちで独特の雰囲気があるが。
土産四点1750円、西郷せんべいの箱に火山灰がうっすら積もっていた。

12:45 旅の駅桜島、薩摩定食A1500円。きびなごの刺身と天ぷら、牛筋の煮込み等。
きびなご刺身は若干の臭みがあり酢味噌につけて食べる。牛筋は軟骨まで柔らかく上々。味噌汁には紅しょうがの味が混じっており、これが実際うまい。
白いゴマ豆腐に赤いフルーツソース、これも不思議だがうまい。知らない味ばかりでしかも美味く、値段以上の価値を感じた。
土産700円。ガンプラも売っていたが、こんな所でMGストフリなんか買う観光客がいるのか?

13:30 道の駅桜島でトイレ休憩。若干紛らわしいな。風が強く、真っ白い火山灰の煙が吹きつけていた。硫黄臭も。

桜島を一周する間、海の側にちょくちょくピンク色のコンクリートの建物が見えた。これは地区ごとの退避用建物らしい。
桜島はとかくコンクリートの建物が多いが、昔の木造の建物だって残っている。そりゃ頑丈に越した事はない。

桜島から東の宮崎に抜ける道では、周辺の家々がびわを路上販売していた。一家総出で売っているのを見れば買ってやろうかとも思ったが、GWを路上販売で消費させられる子供たちは可哀想である。

15:45 宮崎県、都城あたりで給油、37リットル4588円。ちょうど土砂降りになっていた。

16:00 青井岳温泉で風呂、一回券420円。浴室がおもしろく、温水プールみたいな歩行湯なんてのがある。缶ジュース120円。
売店を覗いたら、食べた事の無い和菓子が沢山ある。空腹でも無いし日持ちもしないので買えなかったが、肉に野菜にと単なる売店に留まらない豊富な品ぞろえは特筆すべきだろう。

18:40 ジョイフル高鍋店でロースカツ定食と鳥の唐揚げ1059円。ロースカツ定食590円(税抜)のコスパの良さを思い知った。
九州はジョイフル(ファミレス)がやたら多い。それも都市部から離れた所にポツンとあったりする。コンビニも無い山道にジョイフルだけあったりするので、交通量はあるのだろう。
考えてみれば妙な感じではある。ファミレスってのはすっかりシステム化された都会的な飲食店だと思っていただけに…。

20:00 コープみやざき財光寺店、水と菓子パン187円。

21:00 道の駅青雲橋でストップ。目的の高千穂まではあとほんの少しだったが、混雑が予想されたのと雨による視界不良、体調を考えて早めに休んでおきたかったため。

この日の走行距離490キロ程度。想定以上に動いていたので若干ビビる。


5月4日(木)

5:50 出発。5時前くらいから老人たちが外でガヤガヤと話をしていて、どうにも五月蠅かった。公共の場では弁えて欲しいものだ。
起き抜けに昨日買っておいた菓子パンを食べる。

6:05 天岩戸神社。小雨が止んで曇り。賽銭に使う100円玉がなかったので、100円玉未満の小銭を全部投入した。金額不明。
天安河原まで降りる。こんな時間でも3人程先客がいた。

7:10 高千穂神社、参拝200円、お守り1000円。見るとこちらも交通安全推しである。遠方から来る人が多いからだろうか。

8:35 熊本県、ファミマゆうき砥用店でおにぎり二個200円。

9:30 熊本市動植物園。駐車料金200円、入場料は無料。去年の震災の影響で動物園施設の大半が閉鎖中、にも拘わらず朝から大勢の客で賑わっている。
動物園施設は老朽化もあり、揺れの影響が大きかったようだ。
けものフレンズクッキー4箱3456円。これは熊本市動植物園の復興支援のために地元の製菓会社とコラボしたもので、現在は割とあちこちで買えるようになっている。
通販で買っても良かったが、こういうものはチャンスがあるのならやはり現地で直接買いたいものだ。
9時開園で出遅れたかと思ったが、前日の販売開始で僅か30分で売り切れたというので数を揃えたらしく、この日は1人8箱まで買ってよいとの事。
全4種なので各1箱ずつ4箱買った訳だ。後で調べると、昼までにはすっかり売り切れたらしい。

10:40 熊本市ゆめタウン・サンピアンでトイレ休憩。

12:20 道の駅阿蘇。かなり混雑していたが、昼飯を食べるつもりでいたのに食堂が無い。弁当や総菜は豊富に売っていたが、パック詰めの冷や飯を食べるつもりはなかった。
となりの阿蘇駅に食堂があり、たかなめし定食1350円。たご汁は残念ながら品切れになっていた。
たかなめしはその名前から炊き込み飯か混ぜ飯かと思っていたが、なんと焼き飯だった。高菜を混ぜて醤油味で炒めただけのもので、不思議と覚えのある味である。
何かと思ったら、昔、昼の弁当を食わずに持ち帰った時に弁当の中身を一切合切混ぜて焼き飯にしていたのだが、その味である。醤油と油の味。高菜自体の味は生きていない。
他のおかずは可もなく不可もなく、ありふれた品揃えで目新しいものも無し。地のものが食べたかったのだが、拍子抜けである。残念ながら値段相応の価値はなかった。

13:30 大観峰。阿蘇随一の景観を誇る穴場というので行ってみたら大混雑だし、そもそもここ以前来た時に帰りにちょろっと寄って写真だけ撮った場所だった。
そしてこの日も天候は悪化してきており、震災被害を受けた阿蘇神社を冷やかすのも嫌らしいので、阿蘇から離れる事に。なんせ行く所がない。

14:15 大分県、道の駅波野。トイレ休憩と眠気覚ましだけのつもりだったが、いい香りだったので鶏の炭火焼き500円、ついでにコーラ160円。
親鶏のしっかりした身が塩胡椒で味付けされ炭火で焼かれる、これ最強。

16:40 別府。地獄めぐりをするつもりだったのだが、別府じゃなく鉄輪だし、17時に閉園とは知らなかった。いや調べておけよ。
あまりの混雑ぶりに辟易しつつ、とりあえず別府の温泉には入っておこうと湯都ピア浜脇、510円。なんと単純温泉(温かいミネラルウォーター)!

ここから関門トンネルまではそう遠くなく、翌日九州を出るのならこの近くで一泊するつもりだった。関門トンネル人道も歩いておきたかったのだ。
だが、けもフレコラボをしている福岡市動物園にも行こうと思えば行けるとわかり、ひどく悩む。熊本から別府というだけで西から東へと150キロの大移動だったのに、更に福岡に戻るとなればまた逆方向への大移動である。
というか別府に来た事そのものが無駄足になってしまう。だが、チャンスはこの一度きりしかない。
それなら、どうせ馬鹿な一人旅である。やれるだけやってみよう!

19:30 福岡県、ウエスト椎田店でかき揚げぶっかけうどん540円。ウエストというチェーン店は九州でよく見かけるが、普段好んでは食べないうどんがメインというのであまり縁のないものと思えた。
ところが高速の渋滞で下道が混雑してきた事もあり、一旦時間をずらすためと、ここまであまり地のものを食べていなかったので、ここで晩飯にしようと決めたのである。
メニューを見るとやはりうどんがメインだが、丼ものなどもある。しかし店のメインがうどんなら、メインを食べてみたい。
果たして、ウエストのうどんはボリュームたっぷりでうまかった。アホみたいにでかいかき揚げをうどんに載せ、熱い出汁をかける。
麺は機械打ちだろうが不自然にツルッツルで、コシがあるというよりはモッチモチ。ツルッツルのモッチモチすぎる食感は新鮮で、出汁も薄味でよく合った。
どうやら九州の味は福井県民の俺にもしっくり来るらしい。日常的に食べたい味だが、残念ながら九州は自宅から700キロ以上離れているのである。

22:00 道の駅むなかたでストップ。ここも以前来た時は盆にも拘わらず休みだったのだが、車中泊なら話は別である。
トイレをツバメが占拠しており、小便中ふと横を見るとツバメと目が合った。やれやれである。

この日の走行距離約420キロ。移動時間や場所の割に、思ったよりは走ってないのが不思議である。


5月5日(金)

5:50 出発。

6:10 コンビニのおにぎり二個200円。場所は失念だが、ローソンだったと思う。このGWはどこもおにぎり100円だったので助かった。
関係ないが、九州ではおにぎりを温めるかどうか聞かれたが、福岡のここでは聞かれなかった。温めた方がうまいよ。

7:25 福岡市動物園駐車場。駐車料金は後払いとの事。正門前駐車場整備工事中との事で、プレハブ仮設のカウンターで入場券600円を買っておく。
開場までは1時間半あったが、駐車場には続々と車が入ってくる。8時にはもう一杯だというのは本当だった。時間が開いたので、この合間に髭を剃った。だいぶ無精髭が伸びていたのだ。
ところが髭を剃り終わった頃にはもう皆並び始めている。何事かと思ったら、この日は先着500名に記念品が配られるとの事で、俺も並ぶことに。
だが、記念品がもらえるのは小学生未満のお子様だけだった。無念である。

8時半ごろ、福岡の民放のカメラが3台入ってきて、待機列を撮影していた。髭を剃っておいてよかった。

9:00 開場。すぐさま売店へ向かう。福岡限定けものフレンズのグッズ3点、それとマレーグマのクリアファイル、計3347円。
これにて旅の目的は完遂、動物園を楽しむ。時間はあまり無いが…。とりあえず、マレーグマ!それとコツメカワウソ!!

10:40 ここから帰り。駐車料金500円、駐車場近くの店でにわかせんぺい650円。福岡と言えばやはりにわかせんぺいのインパクトに勝るものはない。

11:20 給油。41.7リットル5337円、どうもガソリンの質がいいのか、もしくは給油タンク目一杯まで入れられたようで、ここから先の燃費がリッター19.88というアホな事になった。

11:25 おべんとうのヒライ、大江戸カツ丼ミニそばセット600円、それと水も補給95円。ヒライの飯は安価で量もあり味も悪くない。やはり九州は肌に合う。

13:50 山口県へ、関門トンネル150円。相変わらずトンネル入口前は渋滞する。ETCレーンがあれば少しはマシになりそうなものだが、2車線が1車線になるからなあ。混むのは仕方ない。
トンネルかを出て下関に出た所でカーナビがよくわからないルートを指示し始める。国道が渋滞しているので迂回路を提示したものと思われるが、全く土地勘のない訳の判らん道に誘導されたせいでうっかり一時停止を見過ごし、たまたまそこで張り込んでいた警察に止められる。
どうも俺は一時停止が鬼門らしい。幸い今回は警告だけで済まされたが、今後一層の注意が必要だ。それにしてもインターナビめ…!!速けりゃいいってもんじゃねえんだぞ!

16:20 島根県、道の駅津和野。テント売りのたこ焼き400円、いかにもうまくなさそうだが、店じまいしたいのに品物が捌けないので助けて!オーラを強く感じて、うっかり買ってしまう。焼いていたのはインド人かネパール人か。味はスーパーのお惣菜と同レベル。
風呂、JAF割で490円。津和野の風呂はもう3度目なので慣れたものだと思ったのだが、3年ぶりに来てみると男湯と女湯が入れ替わっていた。炭酸ジュース160円、土産に源氏巻2個540円。

18:10 益田市の後藤商店支点で自販機のラーメン350円。うどん・そばの自販機で売っているラーメン。麺はすぐ切れるしコシも一切無いが、スープとチャーシューは上々。自販機の並ぶオンボロ小屋の奥で自販機の中に入れる品物を作っていた。
出来上がった品物が出てくるタイプのものは、毎日新しい食品を補充する必要があるから、設置者が自前で作る訳だ。なので質に差が出る。実際ここのはとてもうまい。オススメ。

21:00 ゆめタウン菱川。チョコレート、炭酸など285円。

22:10 道の駅あらエッサでストップ。ここはもう本当に駐車場がすっかり埋まっていたが、たまたま一台分だけ空いていたので滑り込めた。
先程買ったチョコに加え、旅の間3袋しか消費しなかったベビースターを平らげる。寝る前に食うとあまり具合がよろしくないのだが、最後なので。

この日の走行距離、およそ490キロ。


5月6日(土)

6:15 車内を片付け、出発。

7:50 道の駅きなんせ岩美でトイレ休憩。併設ローソンでおにぎり2個210円。GW期間が終わって1個100円は終わっていた。まあどのみち変わらない。

9:00 道の駅ハチ北に立ち寄り、土産2点1080円。ここで売っている梅かつおにんにくはなかなかうまい。

11:30 道の駅シーサイド高浜、元祖味噌ラーメン700円とコロッケ130円。それと炭酸ジュース160円。
ラーメンはとにかくニンニクが強すぎて味噌スープの意味がまるでない塩辛さであり、マズい訳ではないが別に美味くもない。これでは女の人とか食べられないと思う…。
無塩バターで味をまろやかにすれば、味噌の風味も多少は生きるのではと思う。レストランも品揃えと営業時間を見直して立て直しを図っているようだが、味にももう少し気をつけた方がいい。
コロッケも130円の割には貧相だし、赤い皿にひとつだけポンと出てきても味気なさ過ぎだ。キャベツの千切りくらいつけてもいいのではないか。

13:30 道の駅河野でトイレ休憩。

14:50 帰宅。

この日の走行距離380キロ。
6日間の累計走行距離およそ2800キロ、使用金額合計50531円(うち燃料費14802円 土産18107円)。6日間の割には走り過ぎ、金は節約し過ぎである。
写真枚数も380枚程度と振るわず、観光としてはやや失敗の感がある。それでも佐多岬到達、桜島一周、別府で入浴、けもフレ充、地のものを食べる等、要素要素ではしっかりと目的を果たした。
これを悪い旅だったとは言えないだろう。物足りなさはどうしても仕方のないものだ。残尿感メダルも作れなかったしなあ。

何より、一人旅と長距離移動に慣れ過ぎて、寂しさや心細さに伴うゾクゾク感、非現実感が一切無かったのは想定外だった。これでは旅の楽しみが半分失われたようなものだ。
だが、これはもう取り返しがつかない。これ以上遠くへと愛車で向かうのは難しいし、行っていないのは関東ばかりである。寂しさ等望めない。
海外へ出るしかないのかも知れない。だが、そんな金はない…。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

  1. 2017/05/08(月) 21:17:53|
  2. 旅関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<自省 | ホーム | 2017年5月1~6日 九州行の写真>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3184-a9fbefd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード