FC2ブログ

有象無象ディメンション

Photofighter type-B Burst ignition

自分ツイートまとめ 『金正男と影武者』

※これは単なる憶測です

------

(金正恩に影武者がいるという記事を受けて)
影武者がいるのは間違いないと思う。その上で正男にも影武者がいると考えるのは妥当なことだ。

何を恐れるというより、むしろ北朝鮮はこの 状況下で全てを恐れていると考えて差し支えなかろう。正男の処刑は見せしめと引き締めのためだったろうが、この事件は欧米諸国に、本物の正男を北朝鮮の監視から隔離するために利用されてしまったのかもしれない。

北朝鮮からすれば、正男が影武者である可能性を指摘するのは自殺行為である。もしかすると本物は、既に影武者とは似ても似つかない容姿をしているかもしれないからだ。それは金正恩にこそ言える事で、ある時期の自分に似せた影武者を運用する裏で本人が容姿を変えていけば、虚像と実像が解離する。

影武者が必ずしも本人とそっくりであり続ける必要はない。むしろ世間一般のイメージとはかけ離れていた方が有利なのだ。
無論、離れていくのは本人の方である。そうすれば体制がこわれた後も、自分の身の安全だけは確保できるからだ。

身近な者を処刑するというのも、真実の自分を知られないようにするための手でしかない。

わかったぞ!つまり金正恩は、最初から正男の影武者を殺すのが目的だったのだ。それは「もう逃げ場はない、活動を自粛しろ」というメッセージだったのだろう。
が、正男はこれを見越して先手を打っていた。Facebookだ。これにより影武者は本物としての姿を得る。

本物の正男は生きているのに、影武者が正男として世間から埋葬されたために、北朝鮮の兵隊は追放され、まだマレーシアにいるだろう本物の正男を捕捉できなくなった。
金正恩は死んだのが影武者であることを証明しなければならないが、そのためには本人のDNA鑑定が必要になる。

当然そんな真似ができる訳がない。本物の金正恩が表に出れば当然命を狙われるし、恐らくはこれまで用意してきた影武者が全員使い物にならなくなるからだ。
だから北朝鮮は明らかに出鱈目なマレーシアの発表に反発するしかできないし、遺体の引き渡しがなければ自国からの見解も出せない。

これによって本物の正男は完全に北朝鮮からのコントロールから解放され、亡命政府の準備に取り掛かる事ができるようになった。その指揮を執る権利があるのは正男のみだが、正男の存命は世間は知る必要のない事である。

という事は、この事件の裏には中国の差し金がある。北朝鮮を動かしたのも中国なら、正男を保護するのも中国というわけだ。

北朝鮮は、もはや中国にとっては大陸侵攻の口実にしかならない不良債権なのである。

------

この推論によって、金正男は世間的に死んでいても構わない、という結論に至ったのが大きい。その事実は亡命者にとってのみ意味のある事で、恐らくは中国共産党の傀儡にしかならないからだ。
中国が欲しいのは支配者の血統であって、支配の口実である。その事実は国際社会に知らせる必要のないものだからだ。
スポンサーサイト



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2017/03/06(月) 17:29:00|
  2. 論評分析批評の類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


  5. にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
    押してくれとは言えないが
<<靴が乾かない | ホーム | パイソロのテスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photofighter.blog121.fc2.com/tb.php/3121-0a50597a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔狂な人達

プロフィール

オレンジ02

Author:オレンジ02
徒手空拳で世の中エグろうと試みる人、俺。
ブログ名義でツイッターもやってます。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード